姫城町H様U1Eクリーニング

ヤマハピアノ U1E 昭和53年製。以前どちらかでクリーニングをされたのか?ペダルにナイロン袋が被ったままになっています。記録表によると調律は昭和60年が最後。外装の艶なし・虫食い等あまりきれいな状態ではないですね。 ピッカピカにしてお返しいたしますので暫く作業をお楽しみください!!

 

YAMAHA U1E  当時の人気機種でこの後のHシリーズは史上最高の出荷量になりました。

  白っぽく艶なし状態。         妻土台、鍵盤蓋内側も艶なしです。

 

磨き跡の有るペダル。       パネルを外します。       マフラーフェルトに虫。

鍵盤を外し箱に保管。     バランスブッシングクロスの虫食い。表面を食われています。

バランスパンチングクロス虫食い。   埃も積もってます。       バランスピンの変色。

 フロントピンも白っぽく変色。  ハンマーです。         部分的に凄い錆。

「洋服虫食い写真」の画像検索結果

緑の粉は屋根とフレームの間の緑のフェルトの虫食い粉。虫脱皮殻。

     湯煎に掛けフェルトを剥がしました。           クロスを貼り駒で圧着接着。

 

バランスクロスを圧着接着し、カットしたら終了です。           ピアノを倒します。

横になったピアノ。          底板を外しました。        ペダルパーツ分解。

「磨き作業絵」の画像検索結果

   ペダルを磨きます。                   綺麗になりましたね!!

ペダル窓クロス経年劣化で新品クロスに交換。    赤クロスにしてみました。

サンドラバー(石の塊)で弦を手作業でゴシゴシ磨くと、とても綺麗になりましたね。

チューニングピンは専用の治具を電ドラに付け磨きます。      ピカピカです!!

屋根とフレームの間の装飾クロスも緑から赤に交換しました。        外装はポリッシャーで磨き。

とても綺麗に光ってます。        底板取り付け後ピアノを立てました。

   フロントキーピンに液剤を塗布し一本ずつ拭き上げると、こんなに綺麗になりました。

同じくバランスキーピンに液剤を塗布し一本ずつ磨きます。新品みたいなピッカピカのピンになりました。

バックレールクロスを剥がして、フロント・バランス・バックレールクロスを新品に交換。

ファイリング(整形)してハンマー復活しました。             アクションを取り付け。

 ã€Œä½œæ¥­çµµã€ã®ç”»åƒæ¤œç´¢çµæžœ 

  鍵盤がハンマーを動かし弦に当たるまで無駄なく正確に動くように調整します。

 

鍵盤高さ。  ペーパーパンチングと言う紙の出し入れで調整。      鍵盤深さは10mmに。

  

フロントペーパーパンチング。             マフラーフェルトが汚いので新品に貼り替えました。

調律します。           鍵盤蓋ポリッシャーで磨きました~!!

全てのパーツを組み立てて終了です。かなり綺麗になりました。大切に弾いてくださいね!!

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ