妻ヶ丘町S様U1G

新築の為古いお家からクリーニングに持ってきたYAMAHAのU1G。

なんとなんと、定期調律されていたのに鍵盤下掃除されてなく酷い虫食い状態。巻き線も水が掛かったような状態で変色・錆。ボン線(音が伸びない状態)が酷いので弦交換・クロス交換のクリーニングになりました。

調律の際鍵盤下に掃除機掛けるのは埃を取るのは勿論、この虫食いが無いかを確認する為でもあります。

初期症状であれば修理する必要はなく、防虫剤を入れて予防することが出来ます。調律は大切ですが、調律作業の中身も大切ですね。

       YAMAHA         U1G          定期調律されてます。

長蝶番の変色錆。         真鍮の為変色したYAMAHAのロゴ・キープレート・ペダル。

これはスッテッカー(^^);     鍵盤蓋の長蝶番。       蓋受のゴムボタンが有りません。

パネルを外します。        鍵盤木口の変色反り。       アクション・鍵盤を外しました。

鍵盤下の積もった埃。      虫に食われたバランスクロス。     フロントクロス。

虫食いのバランスブッシングクロスとフロントブッシングクロス。   黒い地図みたいに変色した巻き線。

 

掃除をします。         ピアノを倒しました。                         底板を外しました。

 

棚板も外します。             弦のプレッシャーバーの高さを正確に測ります。

弦を少しずつ緩めます。    プレッシャーバーを外しました。   巻き線は業者送り、同じものを制作。

  

芯線も外しました。                              チューニングピンを外しました。刺さっている部分に錆が有りますね。

フレームのクロスを剥がし、フレームと響板を磨きました。   綺麗になりましたね!!

 

白鍵木口を剥がします。      新品白鍵木口を接着します。ブルーの保護シートがついています。

 

湯煎に掛けフロントとバランスのクロスを剥がします。           剥がしたクロス。

    フロントクロス・バランスクロスを貼駒で圧着接着後、カットして出来上がりです。

「作業絵」の画像検索結果

    鍵盤に合わせサイドカットして、こちらも出来上がり~!!

   新品ピンブッシュを打ち込みます。          ピンが入るように穴あけします。

新品のシルバーメッキのチューニングピンを打ち込みます。  ドイツレスローワイヤーを張り込み。     

   ここでサーバーダウン(~~)

芯線張弦終了!!          

             「ご迷惑かけましたの作業絵」の画像検索結果

ホームページがダウンしていた為、作業をお見せする事が出来ませんでしたが無事復活。ご迷惑おかけいたしました。写真は撮っていましたので今からアップできます。引き続き作業をお楽しみください!!

 

「作業絵」の画像検索結果

ペダル窓のクロスが虫食い・経年劣化、交換しました。

「頑張るぞの作業絵」の画像検索結果   

             フロント・バランス・バックレールクロスを新品に交換。

ハンマーも痛んでいるのでファイリング(削って整形)して、綺麗になりました。

 

巻き線到着しましたので、張っていきます。           低音巻き線終了です。

 

最初の音合わせです。        外装をポリッシャーで磨きます。      ピッカピカのピッカピカ!!

新品ビスで底板取り付け。     棚板も取り付け。        ピアノを立てました。

整調作業です。       鍵盤高さは専用定規を使い丸いペーパーの出し入れで0.04mm単位で揃えます。

鍵盤深さも専用定規を使いペーパーの出し入れで揃えます。        調律します。

「修理絵」の画像検索結果

マフラーフェルト交換。      新品は気持ちいいですね!!

        

    ポリッシャーで鍵盤蓋磨きました。 YAMAHAロゴもピカピカ。

        

     パネルを取り付け完了。ピッカピカに仕上がりました。大切に弾いてくださいね!!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ