大隅町月野K様U3Hクリーニング

ご実家に置いてあったヤマハU3H。ネズミ侵入・虫食いと賑やかなピアノになっていました。

修理とクリーニングを施し、ご自宅へお届けいたします。

しばらくの間、作業をお楽しみください!!

DSCF9840 DSCF9841 DSCF9842

ヤマハU3H131cmの大型タイプ。最高に販売台数の多い機種です。平成6年が調律最後。

DSCF9844 DSCF9847DSCF9846

上前板の白っぽく変色。     側面親板のカビ・天板のカビが酷いですね。 

 DSCF9848 DSCF9849DSCF9850

ピアノ裏も埃が積もっています。     先ずは、パネルを外して、アクション・鍵盤も外しました。

 DSCF9851 DSCF9852DSCF9853

ネズミがクロスを噛み千切ってます。周りが噛み千切られたフロントクロス。   弦の錆。

 DSCF9854 DSCF9855DSCF9856

写真では判り難いですが錆多数。  くすんだペダル。  一人でピアノを倒す樺ちゃん。

 DSCF9857 DSCF9858DSCF9859

ハンマーで叩かないと外れないビス。ようやく底板を外すことができました。ペダルパーツも外しました。

 DSCF9861 DSCF9862

機会でペダルを磨きます。 ピッカピカになったペダルに錆止めクリアーで保護します。

DSCF9863 DSCF9864 DSCF9865

ポリッシャーで外装磨き。  鏡みたいな輝きを取り戻しました。   ペダル窓クロスの経年劣化。

DSCF9866 DSCF9868DSCF9870

クロスをすべて剥がして、赤・緑のツートンカラーにしました。   サンドラバーで弦を手磨きします。

 DSCF9871 DSCF9872 DSCF9873

ピッカピカになりました!!   チューニングピンは機械で磨きます。光りましたね(^^)V

DSCF9874 DSCF9876「ピアノ絵」の画像検索結果

底板を取り付けピアノを起こします。 ピアノ裏を雑巾掛けでお掃除。 ルノアールのピアノの練習の絵画。

DSCF9877 DSCF9878 DSCF9880

くすんだ鍵盤蓋とYAMAHAのロゴをポリッシャーで磨き上げると、新品みたいに光りました。

DSCF9883 DSCF9884 DSCF9885

剥がしにくいタイプの鍵盤木口、ようやく剥がれました。  新品の木口を貼り付けます。

DSCF9886DSCF9888DSCF9889

青色は保護シールです。  はみ出ている部分を鍵盤に合わせて削ります。シールを剥がして白鍵終了。

  DSCF9890 DSCF9891 DSCF9892

鍵盤のバランス・フロントのブッシングクロスを湯煎にかけ剥がします。ぜ~んぶ剥がしました!!

DSCF9904 DSCF9905 DSCF9906

ブッシングクロスをバランスとフロントに専用治具で貼り付け後、カットして仕上げます。

DSCF9907 DSCF9908 DSCF9910

バランスピンを一本ずつ手作業で丁寧に磨き上げます。  フロントピンも同じように磨きます。

DSCF9911 DSCF9912 DSCF9913

ピッカピカになりましたね。  新品パンチングクロスをバランス・フロントに装着です。

 DSCF9915 DSCF9917 DSCF9919

ハンマーの弦溝跡と変色があるのでファイリング(整形)して、ハンマーを復帰させました。

DSCF9914DSCF9920DSCF9921

鍵盤セット完了です。            細かい整調作業に入ります。あれをやってこれをやって・・・(^^)V

  DSCF9922 DSCF9923DSCF9947

マフラーフェルトが汚いので新品に貼り換えました。           パネルを組みたてて終了!!綺麗です。

DSCF9946

見違えるようになりました。大切にお使いください!!

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ