大分M様ディアパソン全塗装

ご実家から新築のお家に持ってこられたのですが、外装がチト酷かったですね。
という事で、全塗装をすることになりました。もちろんピアノ内部も仕上げます。
フレームに”ohhashi design と刻印してある貴重なdiapason no132。
大切にしたいですね。暫く作業をお楽しみ下さいね!!

         
   diapason                    132cmの大型タイプ。         ohhashi
designの刻印。
        
                 
         全体に色がくすみ、キズ多数ありますね。

        
     見えにくいですが弦が錆びてます。キープレートも錆。            ペダル錆。

          
      パネルを全部外して鍵盤を箱詰めします。                  ハンマーはさほど使用感なし。

         
   天屋根の長蝶番の青錆。       酷い弦錆。                巻き線の青錆。

        
   クロスが虫食いですね。        ピンもくすんでいます。          バランスブッシングクロス。

         
   フロントブッシングクロス。         湯煎に掛けてクロスを剥します。

       
   剥したブッシングクロス。      フロントブッシングクロス貼り。       カットして出来上がり。 

*写真が×になる時はキーボードのf5を写真が出るまで何回でも押してください。

         
    塗装を剥します。これが大変!!       ようやく地が見えました。

        
   ピアノ本体を倒します。       横になったピアノ。         普通底板は見ること無いでしょう。

      
   底板を外すのですが、錆びたビスがボキボキ折れて大変(==)。  ようやく外れました。

         
     ペダル窓クロスの虫食い。       筬を外します。            外した筬もなかなか見れません。

           
   妻土台(足)を外します。         錆びたビスに苦労する高橋君。     ようやく外れた棚板。

       
   接着してある腕木はクサビを打ち込んで外します。暇そうな山ちゃん(^^)v・・・やっと外れた。

*写真が×になる時はキーボードのf5を写真が出るまで何回でも押してください。

          
      パーツを全て外しました。      外したパーツです。               塗装剥し・・・暇な山ちゃん。

          
   剥して・剥して・剥す〜。     サンダーが入らない所は手掛け。      こ〜んな感じです。

         
   上前パネルをばらします。      ビスの場所が不明にならないようにダンボールに刺してばらしました。

       
  剥離剤を掛けます。           ネトネトと剥がれてきますね。     最後はサンダー掛け。

          
      完璧に塗料を剥しました。      調合した色を塗ります。         こ〜んな感じですね。

         
  親板剥がれ発見。               圧着して補修します。         補修完了。

*写真が×になる時はキーボードのf5を写真が出るまで何回でも押してください。

           
   サンドラバーで弦を磨きます。        巻き線綺麗になりました。        芯線もピッカピカですね。

                
   チューニングピンを磨きます。     これもピッカピカになりました。       頑張ってまーす!!

           
        塗装開始。              中塗り終わって研磨中です。      梅雨の晴れ間に草刈〜。

          
    バランスクロス貼り替えです。      カットして終了。             手で一本ずつ黒鍵磨き。

             
       白鍵を機械で磨き。            鍵盤終了です。                仕上げ塗装中。

*写真が×になる時はキーボードのf5を写真が出るまで何回でも押してください。

          
  緩めただけで切れました〜。       全体に徐々に均等に緩め、最後は弦を全部外します。

         
   業者に送り同じ物を作製です。       プレッシャーバーを外します。    やはり見えない場所が錆びてますね。

         
    長蝶番磨きです。           錆止めクリアー塗布。           ピッカピカになりました。

          
   パーツの仕上げです。       口棒です。                    前土台。

           
   本体外装磨き仕上げ。          鏡みたいになってますね。      忙しい〜!!

        
  バランスピンの青錆。         一本ずつ丁寧に磨きます。         綺麗になりました。

           
     フロントピンも磨きます。        ピッカピカですね。            パンチングクロスも交換しました。

*写真が×になる時はキーボードのf5を写真が出るまで何回でも押してください。

           
  一本ずつ鍵盤を調整取り付け。     鍵盤終了です。                芯線を外します。

            
     全部外しました〜!!           チューニングピン抜きです。       錆びてますね。

          
    響板磨き。                  ピンブロック外し。           こ〜んな感じ。

          
      新品ピンブロック打ち込み。     こ〜んな感じ!!            穴あけです。

          
   チューニングピン打ち込み。シルバーメッキピンが綺麗ですね!!         高級ドイツレスロー弦を張ります。

*写真が×になる時はキーボードのf5を写真が出るまで何回でも押してください。

                
        芯線終了。               佐川急便だよ〜ん。       特注巻き線到着。

           
   早速巻き線を張ります。        巻き線終了〜!!         やっぱり新品は綺麗だね。

         
     止音用リボンフェルト取り付け。   最初の音合わせ。            腕木取り付けました。

        
    棚板を取り付けます。         底板ペダルバラしました。        ペダル磨きです。

          
    光が違うでしょう!!            錆止めクリアー塗布です。     黒に塗装した底板に取り付け。

       
   ペダル窓クロス下手ってます。     もちろん貼り替えですね。       貼り替え終了。

           
    新品ビスで底板取り付け。        ピアノを起こします。           久しぶりに起ちました。
*写真が×になる時はキーボードのf5を写真が出るまで何回でも押してください。

        
    ペダル部完璧!!            ハンマーファイリング(整形)して新品みたいになりました。

        
    筬を取り付けます。         鍵盤取り付け。                アクションを取り付け。

      
  こ〜んな感じですね。         専用道具を使い調整します。     先ずは、鍵盤高さ調整。

         
   飛び出しているハンマーは湿気による故障です。センターピンを交換してスムースに動くようにしました。

        
    鍵盤深さ調整。             ダンパー始動調整。         ピアノ裏の掃除です。

*写真が×になる時はキーボードのf5を写真が出るまで何回でも押してください。

        
   調律・調整を繰り返しています。    またまた調律。               マフラーフェルト新品に交換。

         
  出来上がりました〜。           バイクが映ってますね。屋根も見違えるようになりました。

                    
                ようやく甦ったdiapason。外装も全塗装・弦も交換。
                この貴重なno132、小さい子供さんが大人になってその子供さん
                更にその子供さんまで受け継がれるよう大事にお使いくださいね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ