大分県佐伯市T様US-5Xクリーニング

KAWAIの譜面台がグランドピアノタイプのUS-5X高さ125cmです。

調律が10年程開いていますが、クリーニング・調律・整調をし直せばかなりグレードの高いピアノに変身するでしょう。

暫くの間作業をお楽しみください!!

DSCF7446DSCF7448DSCF7447

外付けのグランドピアノタイプ譜面台。  最終調律平成18年。     US-Xです。

DSCF7449DSCF7451DSCF7454

カビが発生している外装。ロゴのKAWAIに青錆発生。     真鍮製のペダルはメッキ剥がれ。

DSCF7455DSCF7456DSCF7457

外装パネルを外して、鍵盤を箱に収納中に鍵盤割れを発見。見つけてよかったですね~早速修理を。DSCF7458DSCF7459DSCF7461

木工用ボンドを薄め注射器で割れの中に注入、圧着させます。        弦に錆発生。

DSCF7462DSCF7463DSCF7464

ピアノを倒しました。         底板を外し、ペダルパーツを全部外します。

 DSCF7465 DSCF7467DSCF7468

機械でペダル磨き。     見違えるように光りましたね。これに錆止めクリアーを塗布します。

DSCF7469DSCF7470DSCF7473

弦はサンドラバーでゴシゴシと磨きますと、これも見違えるように光りました。  更にチューニングピンは機械で磨きます。

 DSCF7474「piano アニメ」の画像検索結果DSCF7475

光りましたね!!                  光るなら~磨くぞ~ポリッシャー!!

DSCF7476DSCF7478DSCF7479

 鏡のごとく光ってます!!      ペダルパーツを組み付け底板を取り付け後、ピアノを立てました。      

DSCF7480DSCF7481DSCF7482

バランスピンの錆と変色。    丁寧に一本ずつ液体を付け磨きますと、ご覧の通りに光ってくれます。

  DSCF7483 DSCF7484 DSCF7485

フロントピンも全体的に真ん中より下が変色。これも一本ずつ丁寧に磨くとご覧の通り!!

DSCF7486 DSCF7488 DSCF7489

音を出す一番大切なハンマー。    整形して形・弾力を取り戻します。弦溝も消えましたね。

DSCF7501 DSCF7504 DSCF7506

タッチの色々な調整です、樺ちゃん。  鍵盤高さを10mmになるようにペーパーの抜き差しで調整します。

DSCF7507 DSCF7508 DSCF7510

山ちゃんが何やらチェック中。   ハンマー接近調整中。     バックチェック調整等‥。

DSCF7511 DSCF7512 DSCF7513

マフラーフェルトも交換、パネルを組み立て終了です。新品みたいになりました~大切に弾いてくださいね!!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ