北原町M様ヤマハU2クリーニング

奥様の再レッスンに当たりピアノを修復クリーニングします。

暫くの間作業をお楽しみください!!

ヤマハU2H  高さ125cm  人気のHシリーズの中型機種。       最終調律昭和59年。

      真鍮製のキープレート・ペダル・長蝶番は変色錆になっています。

外装も曇っています。       上屋根長蝶番の錆。        鍵盤押さえクロスの虫食い。

パネルを外しました。      白鍵木口の変色と反り。      マフラーフェルトの虫食い穴。

マフラーフェルト裏に虫脱皮殻。 鍵盤を外した棚板は埃と虫食いカス。クロスが虫食いで無くなってます。

フロントピン側。         弦枕クロスの虫食いとゴキ卵。      芯線の変色錆。

チューニングピンです。     虫食いで無くなったバランスクロス。フロントもやられています。

白鍵木口が反って剥がれてますね。   ハンマー整形で大丈夫そう。  少し虫食いのダンパーフェルト。

少し穴が開いていますね。  ウイッペンヒールクロスの虫食い。    ゴキ卵が判るかな?

先ずは掃除から。          白鍵木口を剥がします。      剥がれた木口。

 工事作業員のOK無料イラスト65716 | 素材Good

        鍵盤を湯煎に掛けクロスを剥がします。

        ブルーの保護シールの付いた新品白鍵木口を鍵盤に貼り付けます。

  はみ出た部分をカットして鍵盤に合わせ保護シールを剥がして木口交換終了です。

  新品クロスを貼り駒で圧着接着、クロスをカットしてフロントクロス貼替。

  バランス部も新品クロスを貼り駒で圧着接着後カットして仕上げます。

専用の馬をピアノ裏にセットすると一人で倒せます。          倒れました。

   底板を外しました。        ペダル部です。     クロスが虫食いで穴あき状態。

工事現場注意イラスト無料フリー(工事中で頭を下げる作業員)85178 | 素材Good

ペダル窓クロスもボロボロですね。     ペダルパーツを全て外します。

グラインダーでペダルを磨くと新品みたいに光ります。       錆止めクリアーを塗布。

 

サンドラバーでゴシゴシと弦を磨くとピッカピカになりました。      チューニングピンは機械掛け。

 

光りましたね。             前土台をポリッシャーで磨きました。

ペダル窓クロスを全部新品クロスに貼り替えました。        本体をポリッシャーで磨きます。

  鏡みたいに仕上がりました。      ペダルパーツを組み立てペダルに保護ビニールを被せます。

新品ビスで底板取り付け。      ピアノを立てました。     バランスピンを機械で磨きます。

  

  綺麗になりました。           フロントピンに溶剤を塗り一本ずつ磨きます。

見違えるように綺麗になりました。    バックレールクロスを剥がし新品クロスを貼り替えます。

クロス類セット完了。         ウイッペンヒールクロス剥がします。

     ロール状の新品ウイッペンヒールクロスを寸法にカットして貼り付けます。

 

アクションからダンパーアッセンブリーを外します。          湯煎でフェルト剥がし。

 

 

赤アンダーフェルトまで剥がしました。    先ずは新品赤アンダーフェルトをカットし貼り付け。

ダンパーフェルトを寸法にカットし、アンダーフェルトの上に貼ります。

     作業員」イラスト無料

アクションに取り付けた平ダンパー・シングルダンパー。

ハンマーレールクロスと鍵盤押さえクロスも虫食いの為剥がして貼替えました。

クロス類の貼替終了で鍵盤取り付けました。 アクションロス調整。  鍵盤高さをナラシ定規で測定。

ペーパーの出し入れで調整。     アガキ定規で鍵盤深さを測りペーパーの出し入れで調整します。

整調作業。                                                            ダンパー総揚げ調整。結構地味で時間が掛かります。

   

 調律です。              マフラーフェルトを剥がして新品フェルト交換しました。  

  あかすりのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

YAMAHAロゴが頑固に錆びているのでゴシゴシと手磨きで磨きます。  光り始めました。

ポリッシャーで上前板磨き、艶が全く違いますね!!          鍵盤蓋取付ました。

全てのパーツを組み上げ完成です。いつまでも大切に弾いてくださいね!!

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ