北原町K様K20クリーニング

ネズミ・虫食いの酷いカワイK-20。思い出のピアノなので修理をして弾きたいとの事。

多少時間が掛かりますが作業をお楽しみください!!

     KAWAI K-20                    記録上では昭和62年が最後の調律

外装は白っぽく汚れで艶が無くなってます。              白鍵剥がれ。

鍵盤が凸凹してますね。       妻土台が錆びています。         変色したペダル。

パネルを外すと、酷いことになってます。ハンマーシャンク折れ。ネズミが部品をかき集め巣を作ってます。

緑の粉が・・・・・。      アクション・鍵盤を外します。    何と・・・・凄い!!

    バックレールクロス・バランスクロス・フロントクロスが虫食いでボロボロです。

鍵盤バランス・フロントブッシングクロスも食われて無くなっています。    掃除します。

 

スッキリしました。         ハンマーが・・・どうしよう!!   ダンパーフェルトも(~~);

 

やはりウイッペンヒールクロスも。   ハンマーレールも。          ゴキ卵発見!!

 

弦錆です。              赤い粉は天板のクロスカス。   白鍵剥がれが結構ありますね。

 

再接着です。                                                  専用の馬を使いピアノを倒します。

  

   倒しました。          底板を外して棚受け柱と妻土台をサンダーで塗装と錆落とし。

塗装を剥がしました。         塗装します。        こんな感じに仕上げました。

  

ペダルパーツを外します。          ペダルを機械で磨きました。

 

サンドラバーで弦を磨きます。  綺麗になりましたね。      チューニングピンは機械で磨きます。

    

  ピカピカです。           虫食いペダル窓クロスは剥がして新品を貼ります。

  バッチリですね。          ポリッシャーで外装を磨き艶を出しました。

 

ダンパーフェルトをアンダーから剥がしました。             レバークロスも剥がします。

寸法に合わせカット。           上下に接着剤を付け貼り付けます。

新品の長いダンパーフェルト。   アンダークロスを寸法に合わせカットして貼り付けます。

 

ダンパーフェルトを形に合わせカットして貼り付けます。          ウイッペンを外します。

ウイッペンヒールクロスも虫食いなので剥がします。          新品ヒールクロス。

 

            長さを合わせヒールクロスカットし貼り付けます。接着剤は両端です。

    

バットフェルトもダメですね。    ハンマーを外してバットフェルトを剥がしました。

 

         バットの寸法に合わせフェルトをカットし貼り付けます。

 

     ジャックストップレールフェルトも・・・・。貼り替えます。

ジャックストップレールフェルト。       ダンパーを取り付けました。

 「作業絵」の画像検索結果

   鍵盤ブッシングクロス剥がします。            色々工夫しながら頑張ってます!!

新品フロントブッシングクロスを貼り駒で圧着接着・カットして仕上げます。

同じく新品バランスブッシングクロスを貼り駒で圧着接着・カットして仕上げました。

 

       ハンマーを取り付けました。           ハンマーレールクロスを剥がしました。

 

クロス貼替。           折れていたシャンクを取り付け同じ大きさの中古ハンマー取付け。

 「作業絵」の画像検索結果  

                 バランスピンを機械で磨きました!!

「作業絵」の画像検索結果"

     フロントピンは一本ずつ手磨きしました。

新品パンチングクロスをバランスと。フロントにセット。        一本ずつ鍵盤を調整セット。

鍵盤取り付きました。        ハンマーをペーパーヤスリで削って形を整えました。

 

アクションを本隊に取付。        ナラシ定規を使い鍵盤高さを調整します。

鍵盤深さはペーパーパンチぐと言う紙の出し入れで10mm±0.04mmの誤差で調整します。

調律します。凄い狂いです!!     ポリッシャーでパーツを磨きます。  右と左で輝き違い判るかな?

パネルを組み立てて完了しました。大切に弾いてくださいね!!

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ