兵庫県U様U3H

ヤマハの人気機種、U3H。アメリカでは中古ヤマハと言えばこのHシリーズが圧倒的人気らしいです。

勿論日本でも圧倒的な台数が売れてましたね。

なが~く放っておいたこのピアノ・・・なんとネズミさん・虫食い等々大変でございます。

でもご安心ください、グローミュージックではこのようなピアノも新品同様に仕上げます。

暫くの間作業をお楽しみください!!

高さ131cmの大型タイプ。       U3H         昭和62が最後の調律。

YAMAHAのロゴが錆びてます。   艶の無いペダル。      鍵盤蓋内側のカビ。

全体に白っぽく艶がありません。    虫食いで無くなったフェルト。  パネルを外します。

鍵盤押さえフェルトの虫食い。  マフラーフェルトに虫の殻。   バランスクロスも無くなってます。

フロントクロスの虫食い。     茶色に変色した木口。    鍵盤を外し箱に保管。

クロスを固めたネズミの巣。    虫食われのクロス。       ネズミが齧って無くなってます。

ハンマーも汚れてます。       切れたフレンジコード。     先ずは木口を剥がします。

剥がした木口。          保護シールの付いた新品木口を接着します。

「作業イラスト」の画像検索結果

サイドカットして仕上げます。綺麗になりましたね。

湯煎に掛けてフロント・バランスのクロスを剥がします。

バランスクロスの圧着接着しカットして出来上がり。フロントブッシングクロスも同じく圧着接着。

 

カットして出来上がりです。ハンマーを外して、フレンジコード部分にアセトン注入で剥がします。

片側ずつ埋め込みます。     折り返して両方接着完了。     バットクロスの虫食い。

10個ほどなのでサービス修理しちゃいます。剥がして接着するだけですが(^^)V

ハンマーが全部付いたところでファイリング(削って整形)したら、こんなに綺麗になりました。

棚板掃除してからバックレールクロスを剥がし交換です。      バランスピン磨き。

 

綺麗になりました。           フロントピンに特殊液を塗布し丁寧に磨き上げます。

素晴らしいですね~(^^)V   新品クロス部品です。フロント・バランス・バックレールセット。

芯線を外す為、全体に緩めます。     次にプレッシャーバーを外します。

巻き線を外してこのまま業者に送り、同じものを作って貰います。    芯線は廃棄処分です。

底板を外しました。       棚板も外します。       チューニングピン抜き。

根元が結構錆びてます、交換です。   古いブッシュは外して、新品ブッシュを埋め込みました。

 

既定の寸法に穴を開けます。   オリジナルより0.2mm太いチューニングピンを打ち込みます。

チューニングピン打ち込み完了。   ドイツ製高級レスローワイヤーを張り込みます。

芯線張弦終了!!         巻き線到着しました~。     巻き線張弦開始。

巻き線終了!!          プレッシャーバー取り付けです。チューナーに合わせての張弦。

 

底板のペダルパーツを外してペダルをグラインダーで磨きます。   全然違いますね!!

   「作業絵」の画像検索結果

錆止めスプレーを塗布します。   ピッカピカになりましたね。

ポリッシャーで本体を磨くと、鏡みたいになりました。         棚板取付け完了。

新品ビスで底板取り付け。   ピアノを立てました。                     鍵盤・アクション取付後高さ鍵盤調整。

 

0.04mmの精度で調整します。    アガキ定規を使い深さ調整。  丸いペーパーの出し入れで調整。

 

出荷前調律です。       マフラーフェルトも汚いので新品に交換しました。

鍵盤蓋をポリッシャーで磨きます。  YAMAHAのロゴも光り艶々になりました。

出来上がりです。兵庫県への長旅が待っています。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ