八幡町T様KS-2F

お待たせ致しました、いよいよ作業に入ります。
20年近く私が調律を担当しています。虫食われ等はありません。
しかし古くなっているので外装の艶、弦の錆等出ています。まあ、お楽しみに!!

     

カワイks—2f 良いピアノですよね。音もバッチリです。しかし、艶が・・・。ロゴも輝いていませんね。
これが、どうなるかお楽しみに!!

     

ゲゲゲ・・・、ペダルもチューニングピンも・・・・。ハンマーは、ファイリングして復活だ。マフラーフェルトも交換。

  

  

白鍵ひび割れ・・・?  さすがにセンタキーピン・フロントキーピン錆びてますね。

           

下前板を押える板ばねです。ピアノの下から見れます。チューニングピンもピカピカになりましたね。
この後、弦・バランスキーピン・フロントキーピンが磨かれていきます。ピッカピカ〜!!

               
          

ビニールを被せて仕上がった所を保護。ピアノを倒しました。今から底板を外します。ペダル部に取り掛かります。

                

 
     

ペダル磨きです。新兵器「照明付き両頭グラインダー」平綿バフ

      

底板も塗装しちゃいます。  ゲゲゲ・・・、下前板の板バネも塗っちゃうの、スンバラシイ!!ペダル部完成。

           

外装のバフがけです。 ピアノの下を見ることは無いけど底板も綺麗に仕上がったでしょう。いよいよ本体を立てます。

             

 ピッカピカですね。でも、まだまだ細かい事をやっていきます。鍵盤の傷取りです。(注 インベーダーでは、ありません)

   

マフラーフェルトも交換しました。  ハンマーはファイリング(整形処理)  バックチェックも磨きます。違うでしょ?

         

                          

八幡町t様、出来上がりました。素晴しく綺麗に仕上がっています。お孫さんの住む庄内町に納めさせていただきます。
今から30年50年と代々引き継がれて使用できるように大切にお使い下さい。
このカワイks−2fでピアノがどんどん上手になりますように、また、お孫さんの成長を心よりお祈りいたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ