佐土原町K様U1H

 手入れをしおないで放っていた名器ヤマハU1Hが最悪の状態になっていました。

ハンマーまで虫喰われで穴あき状態、他のフェルトはボロボロ・・・・でも安心してください、大丈夫です!!

少し時間が掛かりますが、グローミュージックにお任せ下ればバッチリと蘇らせて見せます。

作業をお楽しみくださいね!! 

DSCF9709 DSCF9710 DSCF9711

ヤマハU1H 当時の一番人気でしたね。販売台数もピカイチ!! 調律は昭和54年7月2日が最後(~~);

DSCF9712 DSCF9713 DSCF9714

天板の蝶番・鍵穴・ペダルは真鍮の為艶が無く錆まで出ています。

 DSCF9716 DSCF9717DSCF9718

外装はくすんで白っぽい所も。      パネルを外していきます。

 DSCF9719 DSCF9720DSCF9721

マフラーフェルトに虫の殻。     腕木に凄い虫くカスが。  おー、鍵盤上にも凄いカスが!!

 DSCF9722 DSCF9723DSCF9724

お馴染み鍵盤にシール(^^)V    黄色く汚くなった白鍵木口。  アクションも外しました。

 DSCF9726 DSCF9729DSCF9730

ダンパーフェルトもやられてますね。 最悪・・・ハンマーヘッドもやられています。 鍵盤バランスブッシングクロスは全滅。

 DSCF9731 DSCF9732DSCF9733

フロントクロスもダメですね。  ヒェ~、バランスパンチングクロスは無くなっている。フロントパンチングクロスもダメ。

 DSCF9734 DSCF9735DSCF9736

チューニングピンはそこそこだ。   ヒッチピンのアンダーフェルトもやられてます。   弦錆は思ったほどではない。

 DSCF9737 DSCF9738DSCF9739

   ゴキ卵発見。    先ずは白鍵木口を剥がします。なかなか外れにくいんですよこのタイプ!!

 DSCF9740DSCF9743DSCF9744

保護シール付き木口貼りました。両脇のはみ出した部分を鍵盤の形に合わせカットします。

  DSCF9745 DSCF9746 DSCF9747  

バランス・フロントの鍵盤ブッシングクロスを湯煎にて剥がします。  全て剥がしました。

DSCF9748DSCF9751DSCF9752

専用治具にてクロスを貼り込みます。  ダンパーフェルト交換。アンダーフェルト貼替後、ダンパーフェルトカット。

  DSCF9753DSCF9754

貼り付けします。    ダンパーフェルト終了!!

 DSCF9755 DSCF9756 DSCF9757

バットフレンジコード(茶色の紐)断線の為、全部剥がして貼り換えます。

DSCF9758 DSCF9761 DSCF9762

フレンジコードを片側だけ接着しました。  寒いので今年初めてストーブに火を入れました。 フレンジコード接着完了です。

DSCF9763 DSCF9764 DSCF9765

裏側底板剥がれで補修中。     ハンマー交換の為、ヘッドをシャンクから外します。

DSCF9766 DSCF9768 DSCF9769

ハンマーヘッドを外したけど部品が届かないので本体掃除を始めます。先ずは棚板のお掃除!!

DSCF9770 DSCF9772 DSCF9773

ウマと呼ばれる専用の道具を使うと一人でピアノを倒す事が出来ます。    底板を外しました。

DSCF9774 DSCF9775 DSCF9776

弦枕のフェルトやペダル窓のクロスも虫食いが酷いですね。   底板からペダルパーツを外しました。

DSCF9778 DSCF9780 DSCF9781

ポリッシャーでペダルを磨くと、ピッカピカになりました。 錆止めクリアー塗布で表面を保護します。

DSCF9782 DSCF9784 DSCF9785

外装をポリッシャーで磨くと、ガラスみたいに物が映るようになりました。   ペダル窓クロスを剥がします。

DSCF9786DSCF9787DSCF9788

新品クロスを貼りました。   サンドラバーで弦を手磨きします。   低音巻き線。

  DSCF9789 DSCF9790 DSCF9792

芯線です。   底板を組み立てて、ピアノを起こします。    バランスピンを磨きます。

DSCF9793 DSCF9794 DSCF9796

フロントピンを磨き中。   バランスピン・フロントピン共に綺麗にする事により鍵盤の動きがスムースになります。

DSCF9797 DSCF9798 DSCF9799

新品のバランスパンチングクロス・フロントパンチングクロスをセットして鍵盤をはめ込みます。

DSCF9823DSCF9824DSCF9830

新品のアンダー入りハンマーです。まずは、第一整音、針を刺します。    鉄加工を始めた山ちゃん(^^);

DSCF9825 DSCF9828DSCF9829

 ハンマー植え込み、高さ・傾きを調整しながら植え込みます。

DSCF9833 DSCF9834 DSCF9836

ハンマー植え込みと調整終了。  アクション・鍵盤取り付け。    鍵盤高さ調整始めます。

DSCF9835DSCF9837DSCF9838

パンチングペーパー出し入れで調整します。    鍵盤深さも専用定規を使いペーパーで調整します。

DSCF9882DSCF9894DSCF9895

細かい整調を続けます。   何回目かの調律です。     マフラーフェルトが汚いので貼り換えます。

DSCF9897DSCF9900DSCF9902

マフラーフェルト終了。      YAMAHAロゴも綺麗になり、全体に出来上がり。大切にお使いくださいね!!

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ