五十市H様U30A

 お買い上げいただきましたYAMAHAの高級機種U30A。

小学1年生のお兄ちゃんが練習されています。

下の妹さんも習おうかな~という事でご購入くださいました。

一生懸命作業しますので今しばらくお待ちくださいね!それでは作業開始!!

CIMG0018CIMG0019CIMG0020

ヤマハの高さ131cmの大型機種U30Aです。全体に綺麗ですがバラバラにしてより新品に近くなるように作業します。 

CIMG0022CIMG0023CIMG0024

U30Aですよ。           アクションを外します。         中が見えますね。 

CIMG0025CIMG0026

           鍵盤を外して箱に保管します。 

CIMG0029CIMG0031CIMG0034

巻き線が少し変色、芯線が少し錆びてますが綺麗になるのでご安心!!                              バランスピンも綺麗ですが磨きますね。  

CIMG0036CIMG0040CIMG0041

フロントピンも少し曇ってますね。   上屋根長蝶番を外します。       こ~ンな感じ。  

CIMG0043CIMG0045CIMG0046

馬という道具を使って一人でピアノを倒します。倒れました~。        底板を外します。  

CIMG0047CIMG0048CIMG0049

 底板外し完了。     ビスが錆びているので新品に変えますね。  外した底板と本体です。  

CIMG0050CIMG0052CIMG0053

ペダルも艶がありませんね。        ぜ~んぶバラバラにしました。  ペダルを磨きます。 

CIMG0054CIMG0055CIMG0057

ピッカピカになったペダル。    錆止めクリアー塗布です。   ペダル取り付けました。 

CIMG0058CIMG0059CIMG0060

サンドラバーを使って巻き線・芯線磨きました。 綺麗になったでしょう!! 

CIMG0061CIMG0027CIMG0066

チューニングピンも機械で磨きました。ピッカピカになってますね。 ペダル窓クロスも念のため貼り替え。 

CIMG0067CIMG0068CIMG0069

古いクロスをノミを使って剥がします。    剥がれましたね。    新品クロスを貼ります。

CIMG0070CIMG0071CIMG0072

何故か山ちゃんは草刈で~す。    高橋君はまじめに底板取り付け作業。  ピアノを起こします。 

CIMG0073CIMG0074CIMG0075

なんとなく綺麗になってますね。  ポリッシャーで外装を磨きます。横向きですが鏡みたいに外が映ってます。

CIMG0076CIMG0078CIMG0079

パーツを磨きます。鍵盤蓋に蛍光灯が映る位に綺麗になりましたね。バランスピンに魔法の液体を塗ります。

 

CIMG0080CIMG0087CIMG0088

液体が渇き拭き取るとピッカピカになりました。フロントピンも同じように液体を塗ります。

CIMG0089CIMG0092CIMG0093

拭き取るとあら不思議、ピッカピカになりました。 鍵盤をバフで磨きます。

CIMG0094CIMG0095CIMG0097

白鍵に蛍光灯が映ってますね!バッチリなったところで本体に鍵盤を収めます。

CIMG0099CIMG0101CIMG0102

ハンマー加工をします。ファイリングペーパーで表面を削り形を整えます。

CIMG0103CIMG0104CIMG0105

ハンマーも新品みたいになりました。  ここでアクションを本体戻します。

CIMG0106CIMG0107CIMG0108

整調という色々な調整、まずはハンマーと鍵盤のロスをなくします。    レットオフ調整。

CIMG0109CIMG0110CIMG0112

鍵盤の高さ・深さ調整。パンチングペーパーの出し入れで調整します。    調律です。

CIMG0113CIMG0115CIMG0116

裏の響板掃除。     パネルを取り付けて出来上がりです。    綺麗になりましたね~(^^)v

CIMG0118CIMG0123

鍵盤もネームプレートも綺麗です。  大切にお使いくださいね!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ