久留米市 K様 ヤマハG2  昭和42年製

今の状態は、あまり良いとは言えませんが、オーバーホール終了後は、素晴しいピアノに変身することでしょう。

時間が掛かりますが気長にお待ち下さい。一生懸命作業させていただきます。

先ずは解体からです。

     

              

珍しいですね。昔は、音大生・学校等に対して物品税の免除がありました。この様に丸免のシールが張られています。

          

ハンマーもへったています。ハンマーアッセンブリー・サポートアッセンブりー交換します。

現代のピアノアクションは、ダブルスプリングのヘルツタイプ。これは、シングルスプリングのシュワンダータイプです。

打鍵に対しての反応が違ってきます。お楽しみに!!

                    

        

       

      

        

        

       

            

            

               

             

       

         

        

     

             

    

 

     

アクションに入ります。ハンマーシャンクを取り付け、ハンマーの植え込みです。シャンクの出っ張りをカットしてやすりで削ります。

バランス・フロントの隙調整をしながら鍵盤を取り付けます。

           

アクションの大まかな調整を済ませました。これから、外装関係に入ります。

                  本体の艶出しを行いました。ピッカピカになりました。脚・ペダル部に分解です。 

                  キャスター・ペダルを磨きます。ペダル窓のクロスも貼替えます。

                       

             

脚は傷がひどいため、塗装をする事にしました。サービス?太っ腹だ・・・!!

パテをしてペーパーをかけます。ペダルも磨き後ではこんなに違います。この後、錆止め処理をします。

     

外装、着実に進んでいます。磨き・磨き・・・ひたすら磨き。

  

    

脚・ペダル部の塗装も終わり組み立てに入ります。キャスターもピカピカになりました。

もちろんペダルもピッカピカ!!外装も磨き入っています。電灯の明かりがまぶしいですね。

        

ハンマーのテール加工。アクションも本体に取り付きいよいよ音の調整に入ります。

 

                            

                         げげげ・・・缶詰男出現

                

     譜面台アッセンブリーの磨きです。  艶・・・・・・・違う・・・別物?       鍵盤蓋

       

                  

              調律・整調繰り返し作業です。まもなく納品。

                           

                               納品です。

久留米k様宅にて

        

     ボロボロのトムソン椅子。  簡易塗装をする事になりました。

     

   マスキングをしてペーパーをかけます。                     市販のラッカースプレーで塗装

                     

                  なかなかグッドに仕上がりました。

     

   調律・整調です。               素晴しく良い音を奏でます。       奥に小さく奥様が写っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ