上長飯町I様U3Mクリーニング

ご実家にあったYAMAHA U3Mをクリーニングを施しご自宅に持って行きます。

虫食い等色々ありますが、綺麗にしてお届けいたしますので暫く作業をお楽しみください!!

YAMAHA 高さ131cmの大型タイプ U3Mです。        天板蝶番。

腕木・鍵盤蓋が白っぽいです。     真鍮製のキープレート・ペダルは艶無く変色してます。

 

パネルを外しました。      虫食いによる赤と緑のフェルト粉カス。  マフラーも虫食い。

   

鍵盤を外し箱に保管。     虫食いでクロスが無くなってる所も。   虫の脱皮殻・・・!

 

ハンマーは比較的綺麗ですね。    フレンジコード切れ。       チューニングピン。

 

弦に錆が出てます。          鍵盤のバランスクロス全滅。     フロントもダメですね。

 「作業絵」の画像検索結果  

               先ずは掃除機を掛け綺麗にします。 そしてバックレールクロス剥がし。

   

棚板が綺麗になりました。      ピアノを倒しました。       底板を外しました。  

   

底板のペダルパーツを外しました。    ペダルを磨きます。     全く光り方が違いますね。    

 

3本磨いたら錆止めクリアー塗布。       白鍵木口の変色は交換するしかありません。剥がします。

  

剥がしにくいタイプです(~~);  ペダル窓クロスを剥がして新品クロスに貼り替えました。

  

外装をポリッシャーで磨きます。  まるで鏡みたいになりました。    サンドラバーで弦磨き。

綺麗になりましたね。        チューニングピンを専用工具で磨くとこの通り!!

「作業絵」の画像検索結果

新品ビスで底板取り付け後、ピアノを立てました。

 

 ブッシングクロスはフロント・バランスとも湯煎に掛けすべてはがしまします。

      

  バランスブッシングクロス貼り込み、カットして出来上がり。

                                                   

          フロントブッシングクロス貼り込み、カットして出来上がり(^^)V

青い保護シールの付いた白鍵木口を貼り付けます。     サイドカットして保護シールを剥がしました。

  

     ハンマーをフレンジから外しします。          シンナーを注入。

おっと~、ゴキ卵発見!!       フレンジコードを剥がします。   綺麗に剥がせました。

「作業者絵」の画像検索結果

フレンジコードを片側ずつ貼り付け、折り返し反対を貼り付けて終了。

こんな所まで虫にやられています。ジャックの返しを受け止めるバットフェルト。

   バットフェルトの寸法にフェルトをカットし、バットに貼り付けます。

ウイッペンヒールクロスも虫食いの為ウイッペンを全部外し、湯煎に掛けクロスを剥がします。

全て剥がした後新品ヒールクロスを貼り付けます。接着剤は両端に付けます。

  ハンマーを万力に挟みファイリング(削って整形)します。     弦溝も無くなり綺麗になりました。

ハンマーをアクションに取り付けました。  フロントキーピン磨きは液体塗布から磨き上げます。

    

お~光ってる!!             バランスピンは機械を使って磨きます。

新品フロント・バランス・キーバックレールクロス装着。      調整しながら鍵盤を取り付け。

アクション・鍵盤取り付きました。     タッチ調整・・・細かい調整をします。

    「作業絵」の画像検索結果

鍵盤高さは0.04mmからのペーパーの出し入れで調整します。

   「作業絵」の画像検索結果

マフラーフェルトに虫の殻が、新品に貼り替えました。

 

出荷前調律。         鍵盤蓋をポリッシャーで磨きました。蛍光灯がお月さんみたいです。

YAMAHAロゴも光り、全体的にすごくきれいになりました。大切に弾いてくださいね!!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ