三股F様BL-82クリーニング

ご友人から譲って頂いたKAWAIの高級大型ピアノBL-82。高さ132cmで譜面台は外付けのグランドタイプ。鍵盤は象牙使用でペダル飾りのついたお洒落なピアノです。虫食いその他有るのでクリーニングすることになりました。暫く作業をお楽しみください!!

どっしりとした木目の綺麗なアメリカンローズウッドのBL-82。   残念ながら調律はS57.11で最後。

白い汚れが付着。        蝶番もカビ???錆???    KAWAIのロゴが、Wは有りません。

くすんで変色。         象牙鍵盤は茶色に変色。        ペダルカバーの付いたペダル。

「作業者 絵」の画像検索結果

裏側の支柱もがんじょうですねって、響板が反って浮いている~。どげんかせんといかん!!

パネルを外します。鍵盤も外して箱に一時保管します。   バランスパンチングクロスが虫にやられてます。

フロントもやられてますね。    ミノムシ状態の虫のお家。   鍵盤のフロントクロスの虫食い。

鍵盤バランスのクロスも!!        筬を外しました。      キーバックレールクロスを剥がし。 

これもやられていますね。     艶の無いチューニングピン。    弦の錆、部分的に酷いですね。

湯煎に掛け、フロントクロス・バランスクロスを剥がします。         剥がし完了!!

   貼駒でクロスを圧縮接着しバランス部終了。       同じくクロスを圧縮接着、カットして

  「ピアノ絵」の画像検索結果    「作業絵」の画像検索結果  

                フロントクロス終了です。

バランスピンに錆とり液を塗り、一本ずつ拭き上げます。      ピッカピカになりますね!!

フロントピンも同様に液を塗り、丁寧に拭き取り磨き上げます。  見てくださいこの輝き!!

ピアノを倒しました。       ペダルのある底板外して、ペダルパーツをバラバラにしました。

ペダルを機械で磨くと、使用前使用後みたいに輝きが全く変わります。  錆止めクリアー塗布。

 

   弦の錆は、サンドラバーを使い手磨きします。         錆が取れ綺麗になりました。

チューニングピンを専用機械で磨くとこの通り!!          ペダル窓クロス経年劣化してます。

貼替えました。          ポリッシャーで外装磨き。   光りましたね。

新品ビスで底板取り付け後、ピアノを起こしました。         棚板取付け。

「作業女絵」の画像検索結果

新品のフロント・バランス・バックレールクロス取付。         バッチリピース!!

ハンマーの弦溝と汚れを落とすため、ファイリング(ペーパーで削る)しました。綺麗になったでしょう。

  

ウイッペンヒールクロスが数か所虫食いなので、部分交換します。  サービスで~す(^^)V

 

アクション取り付け整調始まり。      専用定規を使い、ペーパーの出し入れで鍵盤高さ調整。

鍵盤深さ定規を使い、厚さの違うペーパーの出し入れで鍵盤深さ調整。

象牙鍵盤が黄ばんでるので漂白します。過酸化水素水を塗り天日干ししたら、こんなに綺麗になりました。

調律をします。          マフラーフェルトが汚いので新品に貼り替えました。

ポリッシャーでパーツを磨いて出来上がりです。大切に弾いてくださいね!!

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ