三股町S様BL-51クリーニング

カワイBL-51製造年月日1976年の40歳のピアノです。一度クリーニングをしてリフレッシュさせる事になりました。

少々時間が掛かりますが、作業を楽しんでくださいね!!

DSCF5285DSCF5286 DSCF5287

高さ125cmの中型タイプです。       BL-51です。        調律の状況。      

DSCF5288 DSCF5290 DSCF5291

天板はマダラ模様に汚れてます。    艶の無くなった鍵盤蓋。      KAWAIのロゴも艶がありません。

DSCF5292 DSCF5293 DSCF5294

キープレートも錆びてますね。   ペダルもメッキが剥がれてマダラ模様。   外装パネルを外します。

DSCF5295 DSCF5296 DSCF5298

鍵盤を外して箱に保管します。    艶の無いチューニングピン。       弦にも錆発生。

DSCF5299 DSCF5300 DSCF5301

バランスピン・フロントピン共に黒っぽく錆で変色してます。         ピアノを倒します。

DSCF5302 DSCF5303 DSCF5304

 ピアノを倒すと普段触ることのない底板を外して、ペダルパーツをバラバラに外します。

DSCF5305 DSCF5306 DSCF5307

外したペダルを磨きます。     全然艶が違いますね。        錆止めクリアーを塗布してペダル終了。

DSCF5308 DSCF5310 DSCF5311

サンドラバーで弦を磨きます。    綺麗になりましたね。        チューニングピンは機械で磨きます。

DSCF5313  DSCF5315 DSCF5318

艶が出てきましたね!!        ポリッシャーで外装を磨きます。  どうですか、鏡みたいになりましたね。

DSCF5320 DSCF5321DSCF5322

ペダル窓クロスが経年劣化しているので貼り換えました。           底板にペダルパーツをセットし、新品ビスで本体に取り付け。

 DSCF5323 DSCF5324 DSCF5326

ピアノが立ちました。             パーツを磨きます。   鏡のような輝きと映りの仕上がりです。

dscf5328 dscf5329 dscf5330

フロントキーピンに錆落としの液体を塗り、一本ずつ丁寧に拭き取ります。   すると、ピッカピカになりましたね。

dscf5331 dscf5332 dscf5336

同じようにバランスピンにも液体を塗り棒状クロスで拭き上げます。    全然違いますね!!

dscf5337 dscf5338 dscf5341 dscf5342

レギュレティングボタンスクリューが何本も折れています。こりゃ~交換だな。      全部揃いました。

dscf5344dscf5346 dscf5347

ハンマー変色と弦溝を取るためにペーパーで削って形を整えます。    新品みたいでしょう(^^)V

dscf5348 dscf5350 dscf5351

タッチに関する調整始まり。    専用のならし定規を使い、厚さの違う丸いペーパーの出し入れで調整します。

dscf5353 dscf5354「ピアノ絵」の画像検索結果

深さも専用のあがき定規を使い10mmになるようにペーパーで調整します。

dscf5358dscf5359dscf5361

マフラーフェルトが汚いので新品に貼り換えました。            出荷調律。

dscf5362dscf5364

出来上がりです。傷も無くとても綺麗なピアノになりました。大切に弾いてくださいね!!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ