三股町O様US-50クリーニング

カワイの名器us-50。残念ながら長い間手入れがされておらず虫食い状態です。
でも御安心あれ、グローミュージックでバッチリと修理再生いたします。
楽しみにお待ちください。

          
        グランドタイプの譜面台。

     
  真鍮のペダルは錆びますね。     外装に変なシミが。           蝶番にも白い粉上の物が?

       
チューニングピンの凄い錆。          ハンマーはあまり使用無し。       鍵盤押さえフェルトの緑の粉。

          
   鍵盤下は凄いことになってます。フェルトカス・虫の脱皮殻・・・・・丸いクロスが虫食いでいびつな形に。

      
キーバックレールクロスがやられてると思いきや下側のアンダーフェルトはボロボロ状態で無くなってますね。

                  
      先ずは掃除から始めます。鍵盤下から裏の響板まで終了。         ピアノを倒します。ソリャー!!

        
    無事倒れました。          ビスが錆びていてなかなか底板が外れません。

          
外した底板。                ここまで外さないと判らないペダル窓クロスの虫食いを発見。交換ですね。

  
  ヒッチピンクロスの虫食い。   底板のペダル部を全部ばらします。ペダル受けクロス虫食い発見。


機械でピン磨き。      サンドラバーで弦磨き。    光りましたね。チューニングピンもピッカピカに変身。

          
外装はポリッシャーで磨き。          ペダルを磨きます。      どうです、ピッカピカでしょう。

           
     ペダル窓クロス交換。         錆止めクリアー塗布。          底板にペダルをセット。

      
 新品ビスで底板を取り付け。     ペダルが感じ良いですね。       本体終了で〜す。

      
   バランスピン磨き。1本1本手作業で丁寧に磨いていきます。どうですか、ピッカピカでしょう。

      
ハンマーフェルトを削って修復。     鍵盤のクロス貼り替え。カットして出来上がりです。

           
     バランス・フロントのクロス終了。   この道具を使って鍵盤の隙を調整しながらセットします。

         
  鍵盤取り付きました。             マフラーフェルトも交換。       ポリッシャーで磨き。

         鍵盤も綺麗ですね。
                        kawaiも光ってます。
                                       
                                      新品みたいに綺麗になりました(^^)v

サブコンテンツ

このページの先頭へ