三股町M様U1H クリーニング

クリーニングと虫食いの修理をする事になりました。
外装、全く艶がありません。虫に食われたフェルト類・・・。
もちろん弦も錆びています。
でも、もうご安心してください。グローミュージックで新品のように綺麗にします。
楽しみにお待ち下さい。

        

                            艶がありませんね!                
       

                             虫食いでフェルトがボロボロです。

    
バランスパンチングの虫食い       ダンパーフェルトもやられています。       弦錆・・・・。

    

ベアリングも錆てます。       鍵盤の小口が黄色く変色・変形してますね。小口だけでも交換したいな〜?

        
                                               綿埃が積もってます。

                   
                先ずは、掃除機を掛けて埃取り

       
ピアノを倒しました。        板バネが錆びてますね。   底板を外します。

     
ペダル窓フェルト虫食い。          錆びたビス        ペダル部フェルト虫食い

   
             弦錆は、サウンドラバーを使い、手がけで落とします。ピッカピカ!!

       
チューニングピンは、機械をかけます。  ピッカピカ!!   ハンマーは、ファイリングで綺麗になるでしょう。


               ペダルを磨き底板を黒に塗装しペダル取り付け。    

         
底板、取り付きました。       板バネも錆び取り塗装     ペダル窓クロスも交換してあります。

      

 ピアノが立ちました。               鍵盤蓋の磨きです。 

               
 鍵盤小口が汚いので貼替え交換です。(予算に入っていない)ブルーのシールを剥がしたら真っ白で綺麗ですよ!!

   
弦溝の付いたハンマー          ファイリング(整形)中          どうですか?綺麗になるでしょう。

     
ハンマーが終了。各部スクリューの緩み点検です。結構緩んでいますね。

                    
              ハンマーフェルト虫食い。・・・・・・・・・・・・・・やっぱり交換しよう(サービス)

                
三時のおやつ・・・本日は、アイスもなかジャンボ   

          
       虫食いフェルトの除去・・ひどいですね(^^):             鍵盤も削って艶を出します。

    

白鍵小口の仕上げ削りです。              比較写真〜    全く別物になったでしょう!!

 
 バランスブッシングクロス貼替え                   フロントブッシングクロス貼替え

         

鍵盤取り付けです。一本づつ調整しながら取り付けます。

      

                       鍵盤の高さを調整します。         一直線に高さがそろいました。  

                        
       鋭い眼光で調整をチェックします。               鍵盤深さ調整
       
    レットオフ調整       弦にくっつく1mm手前で戻ります。   ダンパー始動調整タッチに影響大
 

   
この他、整調を済ませ調律をして終了です。
見違えるようなピアノになりました。音も素晴しく良い音がします。
いつも思うのですが、こんなに綺麗に変身させてくれた、ご主人様のいるピアノは、幸せですね!!
いつまでも大切に弾いてください。今から50年十分に使えますよ(^^)/~

サブコンテンツ

このページの先頭へ