三股町K様U30Blクリーニング

新築でお預かりしていたヤマハU30Bl。平成1年購入で最後の調律も平成1年12月。何と27年もお手入れされていないピアノですが、意外と汚れていないのにビックリ!!虫食いも無さそうでこれは綺麗になりますね。新築のお家に相応しい綺麗な状態に仕上げますので、しばらくの間作業をお楽しみください。

 

DSCF5082 DSCF5083 DSCF5084

ヤマハU30Bl 高さ131cmの高級大型タイプ。平成1年製、ピアノとしてまだまだ新しく今から50年~100年使えます。

DSCF5085 DSCF5086 DSCF5087

傷はありませんが流石に艶はありません。  ペダルも艶なし。     まずはパネルを外します。

DSCF5088 DSCF5090 DSCF5091

鍵盤上の埃も少ないですね。    鍵盤を外し箱に保管です。     鍵盤下の埃も少ないです。

DSCF5092 DSCF5094 DSCF5095

バランスピンは黒く変色。      フロントピンも白く変色。      巻き線に少し錆があります。

DSCF5097DSCF5098

上前板をポリッシャーで磨くと、左と右側の輝きが全然違いますね。

DSCF5106 DSCF5108 DSCF5110

ハンマーの弦溝。        全体をペーパーで削ってハンマー形状を回復し、音色を蘇らせます。

DSCF5111 DSCF5112 DSCF5113

  フロントキーピンを一本ずつ丁寧に磨くとご覧の通り、ピッカピカ。     バランスピンも同様に磨きます。

DSCF5115 DSCF5116 DSCF5117

違いが判りますね!!         馬と言う専用の道具を使い一人でピアノを倒します。

DSCF5118 DSCF5120 DSCF5121

古くなったビスは錆びてなかなか抜けません。 底板外れました。       ペダルパーツ外しました。

 DSCF5123 DSCF5124DSCF5125

ペダルを一本ずつ磨くのですが、色の違いが凄いですね。ピッカピカになったところで錆止めクリアーを塗布。

 DSCF5126 DSCF5127DSCF5128

サンドラバーで手磨きします。  綺麗になりました。         チューニングピンは専用機械で。

 DSCF5131 DSCF5132 DSCF5133

光りましたね!!           ポリッシャーで外装磨き。  見事に艶が出て鏡みたいになりました。

DSCF5134 DSCF5135 DSCF5136

ペダルを組み保護ビニール被せました。  新品ビスで底板を取り付け、ピアノを起こしました。

DSCF5137DSCF5144

鍵盤・アクション取り付けました。    色々な細かい調整をします。

  DSCF5145DSCF5146 DSCF5149

鍵盤深さは、10mm。厚さの違う丸いペーパーの出し入れで調整します。  ハンマー接近をして調律に入ります。

DSCF5150 DSCF5151

パネルを組み立て終了です。新品みたいになりました。大切に弾いてくださいね!!

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ