三股町N様U3Hクリーニング

昭和59年から手入れのしてなかったu3h。お孫さんの為に
復帰させることになりました。
虫食いあり。錆あり。でも、ヤマハの代表機種のu3h。
見違えるように綺麗にそして綺麗な音を奏でてくれるでしょう。ご期待ください!!

    
                       u3hだぞ〜!!           艶がありませんね。

           
  艶の無い真鍮ペダル。          裏は綿埃だらけ。              クロスの虫食い。

      
  パンチングクロスは虫食いで変形してますね。                    白いのは虫のお家です。
    
  鍵盤外しました。               弦錆。                            赤いクロスがこびり付いたピン。 

             
先ずは掃除から始めます。棚板・裏側響板。                          変色した白鍵木口。             
   
変色したハンマー。まだ使えますね。          先に弦当り不良をチェックしてファイリング(整形)開始。

      
ハンマーゴテで整えます。       ファイリング終了で甦ったハンマー。         ピアノを倒します。
                
        クロスは虫食いだったので全て剥します。                      底板外しました。

       
   底板ペダルアッセンブリ。         錆びて折れたビス。            全部ばらします。

     
 虫食いクロス。                 こんなとこまで虫食い。          ペダル受けクロスも。

   
先ずはサンダー掛け。       ペダルを磨きます。          ピッカピカ!!           天秤パイプも磨きます。

     
   底板を塗装して組み立てました。      弦錆落しです。             違いが分かるかな?
         
チューニングピン磨き。         どうです、ピッカピカになりました。       ペダル窓クロス交換。

    
   新品ビスにて底板取り付け。                           外装をポリッシャーで磨き。

      
響板が映って茶色に見えます。        磨きました〜!!            ピッカピカになったヤマハロゴ。

             
    ブッシングクロス貼替え。        結構神経使います。            カットして終了。

      
      新品木口貼付け。     サイドをカットして仕上げます。           パンチングクロス交換。
      


鍵盤高さ調整。
ペーパーパンチングを高さに合わせて入れていきます。
厚さ0.04mmから0.6mmまで6種類を使い分けます。
老眼の山ちゃんにはちと辛い!!
この後深さ調整等々やって調律をします。

    
出来上がりました。新品みたいになりましたね。大切にお使いください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ