三股町K様LIEBERMANNクリーニング

ローウェル・リーバーマン(Lowell Liebermann)というアメリカの作曲家がいるのですが関係あるのかな?

昭和61年製のLiebermann、神戸の㈱協立インターナショナルというところが総販売元になっています。

作りは結構しかっりしています。調律が平成3年で最後なのでいろいろ悪いところはありますが、バッチリ綺麗にしてお返ししますね。

DSCF7993 DSCF7994 DSCF7996

 ワインカラーでモールの付いたデザインです。LIEBERMANN L-500です。

DSCF7997 DSCF7998 DSCF7999

 記録表では最後調律h3年。  キープレートの錆。   艶のないペダル。

DSCF3001 DSCF3002 DSCF3003

脚も腕木も鍵盤蓋も艶が無いですね。      上前板のモールは高級感がありますね。

DSCF3004 DSCF3006 DSCF3007

  パネルを外しました。   醜いですが黒鍵にカビ。 鍵盤を外して箱に収納。

DSCF3008 DSCF3009 DSCF3010

   棚板・筬に積もった埃。    バランスピンの錆。       艶のないチューニングピン。

DSCF3011 DSCF3012 DSCF3014

弦も随分錆びていますね。   長蝶番も艶なくさびています。     弦溝の付いたハンマーフェルト。

  DSCF3015 DSCF3016 DSCF3017

  ピアノを倒しますね。        真横になりました。        底板をはずします。

DSCF3018 DSCF3019 DSCF3020 

 サンドラバーで弦磨き。     綺麗になったでしょう。       巻き線も磨いてバッチリ!!

DSCF3021 DSCF3022 DSCF3024

  機械でチューニングピン磨き。 光りましたね。        経年劣化のペダル窓クロス。

DSCF3026 DSCF3027 DSCF3029

   貼替交換しました。          ペダルを磨きます。       ピッカピカになったでしょう(^^)V

DSCF3030DSCF3031DSCF3032

  錆止めクリアー塗布です。     ポリッシャーで外装磨きです。   鏡みたいに外の物が映っていますね。

  DSCF3034 DSCF3036  DSCF3037

鍵盤蓋・ロゴマークも綺麗になりました。  鍵盤を磨きます。      真っ白になり蛍光灯が映ってます。

DSCF3038 DSCF3039 DSCF3040

バランスピン磨き。液を塗り拭き上げるとピッカピカになります。

 DSCF3041 DSCF3042 DSCF3044

フロントピンにも液を塗り拭き上げると、このようにピッカピカ。

  DSCF3045DSCF3048DSCF3055

 脚塗装の為、古い塗装を剥がしました。 早速塗装開始。          仕上げの磨き。

 DSCF3057 DSCF3058

 鏡面塗装仕上げ完了。       ワインカラーと黒のツートンです。    こちらは金髪のエリーちゃん。

DSCF3071 DSCF3072 DSCF3073

 音が良くなるようにハンマーを削って形を整えます。      アクションを取り付けました。

DSCF3074 DSCF3076 DSCF3077

当社のクリーニングは、細かい調整も行うのが特徴です。丸いペーパーを出し入れして鍵盤深さ調整。

 DSCF3078 DSCF3079DSCF3080

 キャプスタン前後調整。    ハンマーレットオフ調整。      調律します。

 DSCF3081 DSCF3082 DSCF3083

 出来上がりですね。ピッカピカになりました、大切に練習してくださいね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ