ヤマハU1H 鹿児島県国分市 スーパークリーニング

昭和53年製ヤマハ1型 u1hです。昭和54年最後の調律で放置されたままらしい。

カビ・錆び等ありますが元が良いピアノですから大変身するでしょう。乞うご期待!!

   

                         反って変色した白鍵小口

   

 上屋根内側のカビ                              艶を失った鍵盤蓋               錆びたロゴ「yamaha]

       

もちろんペダルも錆び            白っぽく艶の無い側板                埃が雪のように積もった裏側

     

アクションは使えますね。       虫食われ無し・・良かったネ!   腕木内側            ハンマーはファイリングすればgood!!

   

弦錆び                   蝶番錆び                 側板内側カビ            屋根の塗装曇り

   

先ずは裏面掃除            鍵盤外し                                      倒します。

  

                    底板を外しました。             錆びたビスは交換します。     痛んだペダル窓フェルト

       

                            錆びた弦                     下前板の板バネの錆び

         

ペダル部をばらしていきます。                                使用前・使用後磨きました。

                 

                  錆び止め入りクリアーを塗布

       

                    チューニングピンを機械で磨きます。    ポリッシャーで外装磨き

ペダル取り付きました。           板バネ塗装               底板取り付け

    

ビスは新品に交換                                     

  

  ハンマーファイリング中  いわゆるハンマー整形です。         外装終了                     黒鍵磨き終了

                  

昔のヤマハは 白鍵木口がよく変形・変色します。当然交換です。  剥がします。これが大変なんです。

         

  貼り付け                   水色はただのビニールカバーで剥がすと真っ白ですよ。                                 

   

  機械で木口を削った後手作業で仕上げの削りです。         鍵盤のバランスとフロントの隙調整しながら取り付け。

              

    ピッチ上げ・精密と2回の調律        鍵盤高さ調整                  ダンパー始動等調整します。

               

        外装も終わり出来上がりです。      かなり良い状態になりました。大切に使いましょうね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ