ヤマハG3オーバーホールS様

やって来ましたヤマハのじーさん(g-3)。

かなり使い込んでますから若返りが楽しみですね。どんなおにーさんになりますか?

s先生しばらくの間アップライトで我慢してくださいね。

   

グランドピアノは脚を取って立てて梱包されます。大きいから入らないかもと心配されますが

    人間が通れる普通のドアなら大抵大丈夫です。脚を取り付けてピアノを倒せば元通り。

   

                                         ソステヌートの無い2本ペダル。

  

    鍵アッセンブリー・チューニングピン・アグラフ・弦等の錆び

        

                          ファイリング(整形)を繰り返しハンマーヘッドとトップフェルトの肉厚が少なくなってます。

                          これ以上ファイリングしても良い音は望めないので交換します。

  

         ダンパーを取り弦を外します。先ずは全体にゆっくり緩め、巻き線を外します。埃も凄いですね。

     

巻き線終了ピース!!      業者に送り同じものを作ってもらいます。  芯線もこの後カット。

        

弦外し終了                     次はフレームを落とします。先ずは、フレームビスを外し。

         

  バケツは邪魔なチェーンを入れます。       フレームを落とします。         合間を見て草刈

結構埃が溜まってますね。             響板割れが5箇所。このままでは音に伸びが無く艶もありません。

                             穴を広げてスプルース材で埋め木し補修します。

                              

    

本体をマスキングして保護       アセトンで響板塗料を落とします。 かなり強烈な臭いがします。オエ〜。

サンダーを掛けて下地を仕上げます。 響版割れ補修後               綺麗になりました。

             

       ピンブッシュの抜き取り

     

     響板塗装            デカールも貼り直しました。         塗って削ってを繰り返します。

   

                   フレーム塗装                        フレームをピアノへ戻します。

        

 いい感じですね〜。                 響版もピッカピカ!!

 

ブッシュの打ち込み                         穴あけ                    シルバーメッキピン

   

 イヤーマフが壊れマスクを被ってます。打ち込みが脳天に響きます。       

  

弦枕も替えました。         張弦の始まりです。             

芯線完了〜。             新品巻き線も着てます。         さ〜、がんばるぞ〜。 

     

  ニャンコ監督のもと無事、張弦終了です。 ニャン!!

    

  ダンパー磨き後取り付け       ワイヤーも磨きますよ〜!!

         

                  調律でっか〜!!

     

      新品ハンマー         薬入り紫アンダー              針刺し(ピッカー)第一整音 

                              

   

          古いハンマーヘッドを外していきます。       

              

               ハンマー終了!!

    

白鍵を貼り替えます。先ずは剥がしです。                   これを貼り付けます。

        

       白鍵を機械で削り            細かい補修

         

  フロントキーピン錆び落とし        一本ずつ丁寧に

    

バランスピン錆び落としも同様に  パンチングフクロスも替えました。        またまた調律

 

錆びたペダル突き上げ棒達      

     

マスキングをして本体磨きです。       ポリッシャー掛け              ピッカピカ!!

 

ハンマー傾きを調整         シャンクゴテで曲げます。       テール加工

       

これでバックチェックに真直ぐに当たるようになりました。         サイドも加工します。

     

  整音始まり                                    

                 

         支柱にカビが・・・・。せっせと雑巾掛けしました。                 最終整音

                             

                 ソフトペダルレバースキンの擦り切れ    貼り替え

   

         

                  細かい調整も済み非常に良い音を奏でてくれます。

          ブリリアントな低音、澄み切った高音。いつまでも大切に弾いてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ