ヤマハW102 H様

昭和50年製のヤマハw102スーパークリーニングです。
ずいぶん調律もされていません。当然中も開けていませんので凄いことになっています。

   
                                           妻土台の化粧板の剥がれ

          
  何故かビニールが?             凄い埃ですね。             小口が反ってますね。


                      錆もひどい。                プレッシャーバーの青かび      ピンも凄い錆 

      
    カビ・カビ・カビ                          ハンマーはこれでok     黒鍵のカビ 

   
譜面台の裏         ハンマーは整形で大丈夫ですね。        鍵盤外し

     
少し虫食いありますね。   ペーパーパンチングの代わりに      錆び                口棒外し
                 紙が入ってました。

       
 側板内側カビ            弦を外します。         丁寧に均等に緩めます。   プレッシャーバー緩め

      
全体に緩めました。       面倒じゃニャ〜!!        巻き線まとめて業者送り。同じ物作ってもらいます。   

     
                         ベアリングの錆びを丁寧に磨いてこの通り 弦溝は残しておきます。

     
響板のシミ・汚れ                   ピアノを倒します。            板バネ

   
底板を外します。             錆びたビスは新品交換  外れたペダル部
           
  チューニングピンを外します。       ピン板の中で見えない部分まで錆びてます。

           
 新しいシルバーメッキピンを打ち込んでいきます。   どうですか綺麗でしょう。

       
   弦張り開始                      どうですか、綺麗でしょう〜!!         芯線終了
    
巻き線も到着してます。                一本ずつ、一本ずつ     

     
全弦終了〜、あ〜しんど!!      こらこら、何を真剣に・・・(〜〜)!  旨そうだにゃ〜。       

        
 磨き前のプレッシャーバーとビス     ビス磨き                    磨き後
                         
                 ペダルと底板に入ります。
      
        先ずはペダル研磨          使用前・使用後                防錆入りクリヤーを塗布

 
 見えない底板も塗装              フェルト貼り替え            フェルト貼り替え            組み立て
          
           新品のビスで底板を取り付けます。              見えない所ですが黒に塗装しました。

        
   立ちました〜。                                        一回目の調律。
                                                     この後何回も調律を繰り返します。 

     
  変色変形のため白鍵小口交換     小口だけ切り落とします

   
 小口だけの材料があります。       二度と黄ばまないアクリル木口  これであと30年は大丈夫だ!!

                   タンデムフライト中、大空は気持ち良いですよ〜!!

    
  整形です。あけみさんではなくてハンマーを整形します。(^^)!     綺麗になったでしょう。

                 
           細かい調整をします。                調律を繰り返します。
           

   
納品で〜す!!             ユニックで2階上げ              ピンボケでした(^^)!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ