ヤマハU1Hご購入I様

 ご購入頂いた中古YAMAHAのU1Hを今から作業いたします。基本的にクリーニングと同じ作業になります。 中古ピアノの仕上げ技術がクリーニングも生かされているという事ですね。勿論調律技術者の店ですので、調律・整調作業もバッチリやりますよ!! 

DSCF3480 DSCF3481 DSCF3482

YAMAHA  U1H 早速作業に掛かります。パネルを外しアクションを降ろしました。

DSCF3483 DSCF3484 DSCF3485

ピアノを倒し、底板を外します。ペダルも外します。

DSCF3486 DSCF3487 DSCF3488

ペダル磨き。   ピッカピカになったところで錆止めクリアーを塗布します。

DSCF3489 DSCF3490 DSCF3491

ペダル窓クロスも痛んでいるので剥がして新品クロスに交換。

DSCF3492 DSCF3493 DSCF3494

ポリッシャーで外装磨きです。  う~ん鏡みたいに綺麗になりました。  弦はサウンドラバーで手磨き。

DSCF3495 DSCF3496 DSCF3497

綺麗になりましたね。  ピアノを起こしました。   マフラーフェルトも新品に交換します。

DSCF3498DSCF3501DSCF3502

真ん中のペダルを踏むと下がります。       鍵盤高さは、0.04mmまでのペーパの出し入れで調整します。

    DSCF3503 DSCF3505DSCF3500

 鍵盤深さも同様に、0.04mmまでの誤差をペーパーで調整。 次に鍵盤のエネルギーが全て伝わるよう調整。

DSCF3506 DSCF3507 DSCF3508

最終調律です。後はパネルを組み付けて出来上がり。

DSCF3509大切にお使いくださいね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ