菓子野町I様U1Eクリーニング

ご実家にあったヤマハU1E。移動ついでにクリーニングをします。

お手入れが随分空いていて、外装は日焼け・傷等あります。弦錆・クロス部分的に経年劣化が見られますね。

暫く作業をお楽しみください!!

 

ヤマハU1E 高さ121cm         最終調律平成15年。 上前板が白っぽくなっています。

鍵盤蓋上面傷。            日焼けと傷ですね。     白鍵木口の黄ばみ。

   一度磨かれているペダル。   白っぽくなった下前板。       パネルを外しました。

鍵盤を外し箱に保管。       弦溝の付いたハンマー。       錆で変色したバランスピン。

 

フロントピンも変色。       チューニングピン。      虫食いで穴の開いたクロス。

 

  ピアノ専用馬を使いピアノを倒しました。              底板を外しました。

ペダル窓クロスの経年劣化。       前土台をポリッシャーで磨きました。

ペダル窓クロスを全部剥がし、新品クロスに貼り替えました。       ペダルパーツを外します。

      ペダルを磨きなおしました。                                                     錆止めクリアー塗布。

 

表面の汚れがひどいので洗剤を塗布し磨きます。          次にポリッシャーで磨きます。

艶が全然違いますね!!           弦をサンドラバーで磨くとピッカピカになりました。

   

   チューニングピンを専用の機械で磨きました。           新品ビスで底板取り付け。

ピアノを起こしました。        バランスピンに錆落とし液を塗布し一本ずつ磨きます。

  

   綺麗になりました。       フロントピンも同じように一本ずつ磨きます。

  

   ハンマーを整形して新品のように復活させました。         アクションを取り付けます。

タッチに関する調整を開始。      鍵盤高さを調整開始。  先ずは高さを測り基準を取ります。

  「作業の絵」の画像検索結果

高さが均一になるようにペーパーの出し入れで調整。

高さ調整が終わったらアガキ定規を使い深さが10mmになるようペーパーの出し入れで調整します。

レットオフ調整。          調律です。                    洗剤で表面汚れ落とし。

    

           ポリッシャーで磨くと、こんなにも違いますね。

  

裏側の凄い埃です。           ブラシで埃を落とし雑巾で仕上げました。

パネルを組み立て終了です。口棒等が日焼けで色の変色はありますが良い状態に仕上がりました!!

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ