ヤマハ自動ピアノ蓑原Y様クリーニング

平成4年製のヤマハmx101r自動ピアノ。
なんと二回で調律はストップ。音程は半音近くまで下がっています。
しかし不幸中の幸いか虫食い僅か、弦錆等はありますが、全体にかなり良い状態に回復すると思います。
まあゆっくりとお待ちください。頑張って作業いたします。乞うご期待!!

     
平成4年4月16日納入。山内と書くまで18年。可哀想なmx101rでした。

        
      右腕木。                 左腕木。
  トーンスプレッダーの後ろに何かある?
              裏に回って覗いてみると・・ヒェ〜、何かの卵・・・・?
                         
                直径1cm、ウズラの卵より一回り小さい?7個中4個は孵化した模様。
                究明できたらお知らせいたします・・・・・・・・(〜〜)?

   
   少々虫食われ有り。              自動ピアノの鍵盤下です。

          頑張ってます。 
    チューニングピンを磨きます。                         

      
長く経つと弦は錆びますね。         手磨きでゴシゴシ錆落とし。      ピッカピカだぜ〜!!

     
バランスピンも錆びてます。    魔法の液を塗ります。         こんなに輝きます。
                
              フロントピンも磨きますよ〜。     ほーらね!!
    
                             
                        白鍵・黒鍵磨き。特に黒鍵はサイドがカビてました。
     
弦溝も修復したほうがベストですね。  削って(ファイリング)形を修復します。
          
           新品みたいになりますね。ハンマーは卵型がベスト・・・卵と言えば、さっきの卵は何じゃ?
        
ピアノ内部マスキングしました。  外装ポリッシャー掛け。        
                      
                     パーツ磨きです。            拍子木が鏡みたいですね。  

    
 半音近く下がっています。         マフラーフェルト新品交換。

   
出来上がりました。見違えるように綺麗に仕上がってます。
大きな傷も無かったのでパッと見た目は新品に見えますね。
いつまでもいつまでも大切にお使いくださいね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ