ブライドルテープ交換簑原Y様

今は無きスタインマイヤーのピアノです。神戸の協立楽器のブランドで浜松の遠州ピアノ製造が製造していました。

全体的にしっかりした作りで音量もある良いピアノだと思います。中古で販売されたのか、再塗装は木目のクリアー仕上げの傷一つない綺麗な状態です。ただ、ブライドルテープが数本切れていて、切れてないブライドルテープも指で引っ張るとプツプツと切れます。経年劣化?とても珍しい現象ですね。この際と言うことで全部貼り替えることになりました。音色の不揃いもありファイリングを施し仕上げます。

dscf5616 dscf5618 dscf5619

持ち帰ったアクション。ブライドルテープが切れています。ハンマーの弦溝。   ハンマーを全部外します。

dscf5620 dscf5621 dscf5622

ファイリングペーパーでハンマーフェルトを削り、形を整えます。          ブライドルテープを剥がします。

dscf5623 dscf5624 dscf5626

新品のブライドルテープの長さを合わせカット。 キャッチャーに貼り付けます。  ブライドルワイヤーに取り付け。

dscf5627

この後お客様宅にて、弦当たり音色調整で終わりです。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ