スタインウエイ弦交換

スタインウエイD型 弦交換・フレーム塗装・響板補修等の作業になります。

DSCF9924 DSCF9925 DSCF9926

大屋根を外して、ダンパー取り外しから。  慎重に弦のトルクを緩めていきます。全体に少しずつ・・・(~~);

DSCF9927 DSCF9929 DSCF9930

巻き線外しました。         芯線外しました。         弦の外れたフレーム。

DSCF9931 DSCF9933 DSCF9934

ピン板を傷めないように今回はチューニングピンを手作業で外しました。    フレームボルト外し。

DSCF9935 DSCF9936 DSCF9937

ビス位置が分かるように段ボールで図面。  ダンパーレバーレール外しました。   フレームを上げます。

DSCF9939 DSCF9941DSCF9942

流石にデカいですね、フルコンのフレームは!!!!!          傷が一杯?何故にフレームに傷????

 DSCF9943 DSCF9944 DSCF9945

取り敢えず、洗剤で磨いて水洗いします。

DSCF9949 DSCF9951 DSCF9952

本体を布で覆ってマスキングしました。  響板割れが結構ありますね。

DSCF9953 DSCF9954 DSCF9955

テーパー状に穴を深くして、同じくテーパー状にした埋め木を接着します。

DSCF9956 DSCF9957 DSCF9958

埋め木・埋め木作業が進みます。 そしてカンナ掛けで面一にします。

DSCF9959 DSCF9960DSCF5009

フレームの欠け補修も終わり、塗装をしました。             思った以上に面倒な黒字入れ。間違わないように慎重に!!

DSCF5010DSCF5006

  お~、カッコいいですね(^^)V    こんな ベッピンさんに弾いて貰いたいですね。作業中のみなさん!!

DSCF5007DSCF5008DSCF5011

響板を全体に削ります。塗装前の最終生地調整。         響板塗装開始です。

 DSCF5014DSCF5040DSCF5062

ピッカピカになりました~。      フレーム乗っかりました~(^^)V         チューニングピンを打ち込みます。

 DSCF5063DSCF7016DSCF7017

こ~んな感じ!!         高級ドイツレスローワイヤーを張ります。   結構大変なんですよ(^^);

DSCF7019DSCF7154DSCF7155

芯線張り終りました。             ドイツから巻き線届いています。サッパリ読めません(^^);

 DSCF7158 DSCF7159 DSCF7160

早速巻き線調弦開始。チューニングピンの巻き数に気を付けながら無事張り終えました。

DSCF7189 DSCF7190DSCF7193

予定に無かったのですが、ダンパーだけ古いと言うことでこの際交換します。   オリジナルの新品ダンパーフェルト。

 DSCF7194 DSCF7195 DSCF7206

イチゴの花が咲きました!!    ダンパーフェルト貼り付け。      ダンパーフェルト取り付け。

DSCF7208DSCF7210DSCF7211

古い象牙鍵盤を熱をかけて剥がします。   剥がした象牙鍵盤。     新品の象牙鍵盤。  

DSCF7212DSCF7213DSCF7282

専用接着剤で貼り付けます。アクリル白鍵と違い一本ずつ慎重です。        鍵盤に合わせ側面削り。

   DSCF7280DSCF7281DSCF7695

  微調整削り。        細かい所も削って調整。        取り付け終了。

 DSCF7696DSCF7707

細かい整調・調律をし直します。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ