カワイBL61wT様

カワイの大型機種132cmのbl-61w。最終調律昭和57年で御実家に置きっぱなしだったそうです。

虫喰われが激しいです。ネズミの巣もあります。さてさて、何処までどうやって再生して行くか。

お客様と相談しながら作業を進めていきます。お楽しみに!!

     

   白い粉を吹いている外装。            bl−61wです。

             

   キー受けプレート錆。             キープレート錆。                鍵盤蓋蝶番錆。

        

  鍵盤押さえフェルト消滅してます。   鍵盤がネズミに齧られてます。     ブライドルテープも。

        

  ネズミの巣発見(^^);           ハンマーフェルト虫食い。       弦痕も大きいです。

        

 なんと赤いバランスパンチング無くなってます。fパンチングクロス・バランスブッシングクロスも虫食い。

         

  チューニングピン錆。          バックレールクロス虫食い。        弦錆。

       

 乾燥剤を齧って中身が出てます。   みの虫みたいな虫のお家。あちらこちらにあります。

      

    低音部ベアリング錆。         棚板下の板バネ錆。

        

    掃除から作業開始。       芸術的な家も吸わせます。         錆びた針発見(^^);

         

  やはりボロボロでした。          慎重に弦を緩めます。          プレッシャーバー外し。

            

  全体に弦張力緩めました。          巻き線を外します。             一本ずつ外し束ねます。

        

業者に送り同じ物を製作依頼。      芯線コイル外しです。          外した弦は資源ごみへ。

         

   チューニングピンを専用治具で外します。外したチューニングピンは隠れた部分まで錆びてます。

      

  裏を掃除します。            ピアノを倒します。            底板外し。

          

  凄い錆でようやく外れました。      白いのが破れて出た乾燥剤。底板を外さないと分かりませんね。

       

  ペダル窓クロスは虫食いで全体に無くなってますね。               弦を支えるベアリングの錆。

          

  チューニングピン交換するのでピンブッシュも外します。         ベアリング錆落とし。

          

    ピンブロック打ち込み開始。     ガンガン打ち込みます。     終了!!

          

    ピン板を傷つけないように穴を開けます。             新品のシルバーメッキピン。

               

   打ち込み開始。         美しいですね〜終了。           張弦道具。

        

    ドイツ製高級レスローワイヤーを張ります。   地道な作業が続きます。

       

   地道な作業が続きます。         芯線完了です。                プレッシャーバー取付。

        

    巻き線を張ります。         全弦終了。                     ミュートフェルトも貼りました。

        

       最初の音合わせです。弦を弦で弾きながら合わせます。

        

    外装磨き。                 ペダル窓クロス交換。        底板のペダルを分解。

               

        バラバラにしました。             ペダルの裏が怪しい?       ペダルを磨きます。

         

   新品みたいになりました。      錆止めクリアー塗布です。       底板塗装しペダル取り付け。

        

   底板を本体に取り付け。        ピアノを起こします。       ペダルが綺麗ですね。

           

     一本ずつピンを磨きます。       クロスも交換して綺麗になりました。   本体完了ですね(^^)v

       

   新品弦は綺麗ですね。         鍵盤に生きた虫発見。こいつがフェルトを食い散らすのです。

      

   卵を産み付けているかもしれないので、鍵盤のクロスは全部剥さないといけないですね。

         

     剥がしたクロス。            ブッシングクロス貼り。          一個ずつ丁寧に。

         

    余計な部分をカット。          バランス部終了。             フロント部も終了。

        

   鍵盤を磨きました。            アクション修理に入ります。      ハンマーを外しました。

            

     ハンマーヘッドを恥しました。       高級赤アンダー入りハンマー。   針を刺し弾力を付けます。

            

   針刺し作業が音の決め手。     ハンマー植え込み開始。       左右・前後合わせます。

                

           ハンマー植え込み終了。         低音部。

          

    鍵盤取付。                一本ずつ調整します。         鍵盤終了!!

          

   マフラーフェルト交換。         蝶番取付。             ポリッシャーでパーツ磨き。

           

       鍵盤高さ調整。           諸々調整中。                 調律を繰り返します。

          

    ロゴもピッカピカ。             譜面台蝶番も新品。           外装関係終了。

サブコンテンツ

このページの先頭へ