カワイピアノ DS-60B商品

KAWAI DS-60B ワインカラーでチッペンデール(猫脚)の素敵なピアノです。使用頻度が少なかったのかハンマーは凄く綺麗な状態です。外装はカワイ特有の白く粉を拭いた状態ですが、磨きを掛ければピッカピカになるはずです。作業をご覧ください!!

 

チッペンデールの足。          DS-60Bです。   外装が白っぽくなっていますね。

内側は結構綺麗で艶があります。      真鍮製のキープレート・ペダルは変色錆びています。

パネルを外しました。       鍵盤は箱に保管。        鍵盤下に埃。

チューニングピン・弦共に比較的綺麗な状態ですね。        ハンマーは特に使用感無!!

掃除を始めます。           専用馬を使うと一人でピアノを倒すことが出来ます。

 

底板を外しました。         ペダルパーツを外しました。    ペダルを磨きます。

綺麗に光りました。        サンドラバーで弦を手磨きすると、こんなに綺麗になりました。

チューニングピンを機械で磨きました。                サンドラバーで弦を磨きます。

ピッカピカです。          ポリッシャーで外装磨き。 ワインカラーがとても綺麗です。

   「作業絵」の画像検索結果

    新品ビスで底板取付後、ピアノを立てました。

 

  バランスピンに液を塗布し専用機械で磨きます。           拭き取ると見事ですね!!

フロントピンにも液体を塗布して一本ずつ磨き上げると、新品みたいにピッカピカですね!!

  ブッシングクロスに少々虫食いがあるので全部交換します。        湯煎に掛け剥がします。

  剥がしたクロス。       フロントクロスを貼り駒で圧着接着してカットで完了。

  「作業絵」の画像検索結果

バランスクロスも貼駒で圧着接着のカットで終了です。

       鍵盤のフロント・バランス部の隙を調整して本体にセットします。

      ファイリングペーパーを使いハンマーを削って形を整えます。

アクションをセットし整調開始。   ロストモーション作業。     ナラシ定規を使い鍵盤高さ調整。

ペーパーの出し入れで微調整。   アガキ定規で鍵盤深さを検査しペーパーの出し入れで調整します。

 

調律します。            マフラーフェルトが汚いので新品に貼り替えました。

各パーツをポリッシャーで磨きます。曇りが取れてますね。     鍵盤蓋他パーツセット。

   素晴らしい仕上がりです!!

                                                      猫脚ワインカラー。

                                                                                専用椅子も付いています。

                   KAWAI DS-60B 40万円(税別) 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ