カワイ US-80

カワイの高級グランドピアノタイプUS-80。商品にしますので興味のある方はご連絡ください。

譜面台がグランドピアノと同じ形をしている外付けタイプで高さ132cm×幅154cm×奥行き67cm 【重 量】 275kg の大型タイプ。貴重なピアノですね。作業を開始いたします!!

  パネルを外しますとUS-80のロゴが見えますね。        高級品の証ペダルガード付きです。

鍵盤を外し箱に保管。ピアノのクロス・フェルトは虫食いにやられ易いウール(羊毛)で出来たパーツです。

  「作業絵」の画像検索結果

このピアノも虫食いですね。クロス類を全部剥がして新品にします。     頑張るぞ~!!

湯煎にてフロントブッシングクロス・バランスブッシングクロスを剥がしました。

貼駒で圧着しながらフロント・バランスブッシングクロスを貼ります。  鍵盤すべて終了!!

 

  掃除機を掛けてピアノを倒し、底板を外しました。          ペダル窓クロスが・・・!!

 

 胡麻みたいなゴキフン(~~);        ペダルパールを全部外します。

 

ペダル磨き。         全く別物みたいですね!!       錆止めクリアー塗布。

 

くすんだチューニングピンを専用の機械で磨きます。            左と右、全然違いますね。

ポリッシャーでボディーを磨くと、ピッカピカのピッカピカ。         ペダル窓クロス剥がします。

ペダル窓飾りを磨きクロス交換。          ハンマーはあまり使われて無いようですがファイリングします。

     新品みたいに綺麗になりましたね!!

多少芯線に錆が出てますのでサンドラバーを使い磨きます。       光ってきましたね。

巻き線も磨きました。          ピアノを立てアクション組み立て後、整調開始。

    

キャプスタン左右調整。       鍵盤高さを調整します。    丸いペーパーの出し入れで調整。

鍵盤深さは専用定規で深さ10mmになるようにペーパーで調整。    バックチェック調整。

パーツをポリッシャーで磨きます。  鏡のような鏡面仕上げ。        調律します。

マフラーフェルト新品交換後パネルを組み立てました。 新品みたいな輝くを取り戻してます。

 風格のあるグランドタイプの外付け譜面台。勿論ブリリアントな音色にKAWAIの最高級US-80の貫禄を感じます。最高のピアノが蘇りました!!

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ