アポログランドピアノオーバーホール

 東洋ピアノ製造のアポロピアノです。A.301 アイボリーホワイト。クスミ・変色・内傷等々。再塗装いたします。 

DSCF3456DSCF3457DSCF3458

 写真写りは良いですが、かなりくたびれた外装をしています。

 DSCF3459DSCF3460DSCF3461

  当たりキズで穴・・・黄色くくすんだりシミなったり・・・です。

DSCF3462DSCF3463DSCF3465

  傷・・・鍵盤も欠けていますね。 とりあえずアクションを取り出します。

DSCF3466DSCF3468DSCF3469

 剥離剤を掛け表面塗装を落としたのちに下地サーフェーサーを落とします。 サンダーで下地を整えながら剥がします。

 DSCF3471 DSCF3472 DSCF3473

 ようやく下地がまで辿り着きました。 ペダルボックスを逆さまにしてペダルを外します。

DSCF3474 DSCF3475 DSCF3476

 大屋根塗装剥がしました。剥離剤を塗り剥がしていくのですが、大変な作業でございます(~~);

DSCF3510 DSCF3511DSCF3512

本体の塗料剥がし・・・これがまた大変なんです(~~);   外装下地まで剥がしました~。

 DSCF3513DSCF3514DSCF3515

脚でございます(^^)    マスキングをして本体の下地塗装です。

  DSCF3516DSCF3602DSCF3603

削って下地を整えます。下塗り・中塗り・上塗りと徐々に作業が進んでいます。

DSCF3604DSCF3605DSCF3607

塗り終えたパーツ。 本体を後ろから。  本体をポリッシャーで仕上げます。

 DSCF3609 DSCF3610

綺麗になりましたね!! パーツも続々と仕上がっています。

DSCF3611 DSCF3613 DSCF3615

椅子も塗装します。先ずは分解して傷・凹みを修復してサンダーを掛けます。

DSCF3616 DSCF3618 DSCF3620

ピアノと同じ色に塗りました。  鍵盤も欠けたり変色してるので貼り換えます。

DSCF3621 DSCF3622 DSCF3623

熱して上面アクリルを剥がします。結構簡単に剥がれます。

DSCF3624 DSCF3625DSCF3626

木口はノミを使い外します。ぜーんぶ剥がしました。  接着剤を塗り新品白鍵を貼ります。

 DSCF3628 DSCF3630DSCF3631

一本ずつ丁寧に貼り付け、専用治具で圧着します。鍵盤の形に合わせサンダーでサイドカット。

 DSCF3632 DSCF3634 DSCF3637

白鍵新品になりました。    バランスピンが錆びているので特殊な薬剤を塗り拭き取ります。

  DSCF3638 DSCF3635DSCF3639

ピッカピカになりました。  フロントピンもどす黒くなっているので薬剤を塗り拭き上げます。

DSCF3641 DSCF3642

ピッカピカになったところで鍵盤を取り付けました。

DSCF3643 DSCF3644 DSCF3645

ダンパーのフェルト交換をするためダンパーを外します。  ダンパーフェルトを剥がします。  

DSCF3646 DSCF3647 DSCF3648

新品ダンパーフェルトをカットして貼り付けます。  巻き線錆びていますね。

DSCF3649 DSCF3650  DSCF3652

芯線も錆びています。サンドラバーでゴシゴシ磨くとご覧のとおり綺麗になりました。

 DSCF3654 DSCF3656 DSCF3657

チューニングピンもくすんだ色をしてるので機械で磨きます。 輝きが出ましたね。

DSCF3659 DSCF3660 DSCF3661

新品赤アンダー入りハンマーヘッド。先ずは治具にそってサイドカット。固いハンマーを針を刺して弾力を付けます。

DSCF3662 DSCF3663「ピアノイラスト 無料」の画像検索結果

ダンパーも付きました。  大屋根が乗っかりました。

 DSCF3665 DSCF3666 DSCF3667

古いハンマーヘッドをシャンクから外し、新品のハンマーヘッドを取り付けていきます。

DSCF3668 DSCF3669 DSCF3670

全てのハンマーヘッド取付完了。バックチェックに真っ直ぐ当たるようにテールカットします。アクション取り付け!!

DSCF3671 DSCF3672 DSCF3673  

アクションを本体にセットして、整調作業開始。鍵盤高さ調整、一番薄いペーパーパンチングは0.04㎜。

DSCF3674DSCF3675DSCF3677

鍵盤深さもこの数種類あるペーパーパンチングの出し入れで調整します。作業を確認する山ちゃん(^^)

 DSCF3681 DSCF3684DSCF3686

ジャック前後を手直し中。バックチェックも少し手直しです。 針を入れて整音作業。

DSCF3687 DSCF3688

鍵盤蓋付きました~。譜面台も付いて出来上がり~。

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ